アーカイブ

目元・目の下に!!たるみを解消するトレーニングとマッサージ

目元・目の下のたるみは出来てしまった後でも改善はできるの?

目立ってきてしまった後でも有効なお手入れ方法はある?

と心配な方もいらっしゃいますよね。

「目元・目の下のたるみの予防について」は、ご紹介しましたが、このページでは解消法・解決策についてご紹介しますね。

今以上に年齢サインを悪化させないために、今ある年齢サインを目立たなくさせるために、実践してみてくださいね。

たるみが進行してしまうと、大きな改善結果に結びつくことが難しくなってしまいます。

予防法と同じく、なるべく早めに解消法・解決策を実践してみて下さいね。

改善していくにあたり、一つ注意して欲しいことは、「すぐに結果を求めてはいけない」ということです。

過度な期待をしたり、すぐに変化があると思っているとお手入れやトレーニングを継続することはできません。

長期的に改善していくつもりで、コツコツとお手入れを続けましょう。

■■たるみ改善のためのツボ押しマッサージ

たるみにツボ押しなんて効くの?

と思った方も多いと思いますが、たるみの原因は筋肉のコリでもあります。

仕事や家事の空き時間に試してみるといいですよ!

▶①承泣(しょうきゅう)

黒目の部分の下の骨の窪み部分にあるのが承泣のツボです。

鏡をみながら、指で骨の縁を確認するとすぐに解ります。

承泣を刺激すると、目の下のたるみやクマを解消することができます。

疲れ目にも即効性があるので、優しく押してみるようにしましょう。

心地よい強さが正しい強さなので、小指の腹で5秒押して3回繰り返してみましょう。

顔冷えが気になる方も、血行が良くなるのを実感できますよ!

▶②下清明(かせいめい)

目頭の位置にあるツボです。

鏡を見ながら指で目頭付近にある目の周りの骨の窪みを探してみましょう。

人差し指で5~6回、骨の縁をなぞるように優しく押してましょう。

下清明は、救後や承泣と同様に、目の下のたるみや小じわへの効果が期待できます。

目の周りのむくみがすっきりとし、たるみが原因で発生する黒クマや、血行が悪いことで発生する青クマにも効果が期待できますよ!

▶③救後(きゅうご)

救後というツボは、黒目の真下と目尻までの間の、ちょうど中間地点にあります。

目の周りの骨に沿って指で探ると、わずかに窪みを感じることができる部分です。

目の周りの血液やリンパの流れを促進し、目の周りのむくみやたるみを改善することができます。

眼精疲労にも効果的なため、日中に目を酷使している方は、救後のツボ押しを習慣にすると良いでしょう。

押すと、心地よい感覚が得られ、目の周りがスッキリしたような感覚がえられます。

目が疲れて重たい時は、特にスッキリしますよ。

強く押しすぎず、小指の腹を使って優しくツボ押ししてタルミをケアしましょう。

左右同時に5秒×3回をくりかえし行いましょう。

■■たるみ改善のための表情筋を鍛えるトレーニング方法

たるみは、加齢による筋肉・筋力の衰えによって生じることも原因です。

そのため、顔の筋肉(表情筋)を鍛えるために、日々、エクササイズに取り組むことが有効です。

⇒ウインクエクササイズ

いつでも、どこでも簡単にできるのが、ウインクエクササイズです。

ウインクをして目の周りの筋肉を鍛えることで、目の下のたるみの改善に繋がります。

ポイントは中指と人差し指で目の下のたるみに触れながらウインクをします。

ウインクをしている時、表情筋が動いていることを指で感じて下さいね。

⇒眉上げエクササイズ

目を閉じたまま、眉毛を頭のてっぺんに持ってくるようなイメージで引き上げます。

引き上げたところで15秒程度キープします、

筋肉を使うので、少し疲労を感じるかもしれませんが、そのくらいでちょうど良いトレーニングです。

少し疲労を感じるまで繰り返してみましょう。

目元のたるみ、目を酷使した後の疲れ目に効果が期待できます。

⇒目の開閉トレーニング

眉上げエクササイズをしながら、眉を指で押さえます。

その状態で、目の開閉を売り返します。

眉上げエクササイズ以上に負荷がかかるため、目の周りの筋肉を鍛えることができますよ!

⇒眼球トレーニング

中指で目頭の少し上を押さえ、人差し指で目尻を押さえます。

その状態で、白目をむくイメージで黒目を上に移動させます。

下まぶたが上に引き上げられている感覚が得られたら、正しくトレーニングが行えていますよ。

10回ほど引き上げて30秒キープしたら1セットとしてカウントします。

3~5カウントを実践していきましょう!

⇒美顔器でのたるみ改善

女性なら一度は必ず気になったことのあるホームエステ美顔器。

価格帯や効果も様々ですが、マッサージ効果が得られ、表情筋を刺激することができます。

ハンドでは得られない機械ならではの効果も期待でき、癒し効果にも期待できます。

たるみに一番効果が期待できる美顔器は、ラジオ波(RF=Radio Frequency)タイプのものがお勧めです。

高周波による熱によって、顔冷えを改善し、コラーゲンの増加の促進、たるみの原因にアプローチしてくれます。

また、その高周波により、すでにできてしまった「たるみ」にもアプローチが可能ですよ!


目元・目の下のたるみを解消するためには、毎日のコツコツとした積み重ねが必要です。

ご紹介したエクササイズやトレーニングを実践しながら、予防策を心がけていきましょう。

結果を急がず、継続してお手入れすることが、嬉しい結果への一番の早道ですよ!

この投稿はに公開されました。

目元・目の下の「たるみ」の予防法とは?美魔女になるために

目元・目の下のたるみは、年齢に伴って進行するものですが、予防・対策をすることによって、遅らせることも可能です。

同世代の女性達の見た目年齢に差が出てくるのは、年齢サインが表れだす時期でもあります。

この予防・対策をしているかしていないかで、今後の自分がどのようになっていくか左右するといっても過言ではないでしょう。

特に、女性の「たるみ」はメイクでも隠しにくく、「老け」を強調させるサインでもあります。

いかに、「たるませないか」が、美魔女への近道です。

早い段階での予防を行っていきましょうね。

■■乾燥を予防して「たるみ」を予防する方法

保湿は「たるみ」の予防・改善のためだけでなく、美肌を維持するために欠かせません。

つまり、目元・目の下のたるみの予防は、乾燥肌を改善することとイコールということになります。

遺伝や年齢による乾燥もありますが、改善できる限りの予防は取り組んでいきましょう。

  • 女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 皮膚病(アトピーなど)
  • 誤ったスキンケア方法
  • 大気汚染
  • アレルギーによる乾燥
  • 良好でない生活習慣
  • 誤った洗顔・クレンジング法
  • 紫外線
  • 外気の乾燥

乾燥を予防して「たるみ」を改善するためには、これらを見直す必要があります。

■■目を労わることで「たるみ」を予防する方法

目を酷使すると、目の周りの筋肉が疲労し、血液循環が悪くなり、クマやたるみの原因になってしまいます。

パソコンやスマホはなるべく途中休憩をはさみながら使用するように心がけましょう。

寝る前に、ホットアイマスクやホットタオルなどは、目の周りの筋肉を緩ませることができます。

寝る前の数時間前は、なるべくスマホやパソコンなどのブルーライトを浴びないようにすると、質の良い睡眠をとることもできますよ。


▶紫外線対策をして「たるみ」を予防する方法

 

紫外線は、夏だけでなく冬の間も受けるダメージは同じです。

そのため、冬の紫外線対策も怠ってはいけません。

季節は関係なく、日焼け止め・防止・日傘・サングラスなどで紫外線対策を行いましょう。

紫外線対策することで、肌のたるみを予防することができますよ!

▶肌をたるませない正しい洗顔とクレンジング方法

洗顔やクレンジングで注意するべきポイントは汚れをしっかりと落としきることです。

清潔な状態の肌は、酸化を防ぐことができ、たるみなどの肌トラブルも招きにくくなります。

毛穴の汚れまでしっかり落とせるクレンジングや洗顔料を選ぶことが大切です。

ただし、汚れを落とすためにゴシゴシと強く擦ったりすると、特に目の周りの薄い皮膚の部分はたるみやすくなってしまいます。

優しく丁寧なクレンジング・洗顔・拭き取りを心がけましょう。

さらに、クレンジング・洗顔後は、しっかりと保湿して、乾燥から肌を守りましょう。

▶「たるみ」予防のためのエイジング化粧品とアイメイク

目元のたるみをはじめ、年齢サインが気になる方は、抗酸化成分が配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。

  • 保湿力の高い成分が高濃度高配合なもの
  • ハリ・ツヤ・弾力をサポートする成分が配合
  • 抗酸化作用のある成分が配合

これらの点に注意して化粧品を選びましょう。

保湿力の高い成分として、次の成分に注目しておくと良いでしょう。

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • レシチン
  • ステアリアン酸コレステロール

また、毎日のスキンケアに使用するものだけでなく、お手入れの方法やメイクの方法にも気を遣う必要があります。

アイメイクのツケマやアイプチなどは、休日はなるべく避け、目の周りの負担を軽減してあげるといいですよ!

少しお休み期間を設けてあげるだけで、目の周りのたるみの予防に繋がります。

▶美しくなるための日常生活で「たるみ」予防

一番見過ごしがちなのが生活習慣ですが、実は美しい肌を手に入れるためには日常生活の過ごし方がとても重要です。

たんぱく質・ビタミン類・ミネラルなど、バランスよく摂取することが大切です。

栄養が不足すると肌のたるみへ繋がります。

バランスよく摂取することが難しい人は、サプリを摂取することも大切です。

栄養のために何を摂取したらいいのか解らない!という方は、7色の食べ物から5色以上を毎日食べることを意識してみるといいですよ!

7色(赤・黄・緑・白・紫・黒・茶)の食べ物

赤⇒ ニンジン・リンゴ・エビ
黄⇒ バナナ・オレンジ・レモン
緑⇒ アスパラ・ニラ・ピーマン
白⇒ 玉ねぎ・大根・長いも
紫⇒ ブルーベリー・ざくろ・小豆
黒⇒ プルーン・ワカメ・ゴマ
茶⇒ しいたけ・ごぼう・アーモンド

▶むくみ対策で「たるみ」を撃退する方法

むくみは「たるみ」の原因になってしまうため、運動不足な方や身体の冷えを感じやすい方は要注意です。

  • 適度な運動
  • 体を温める食事
  • サウナ・ホットヨガ・岩盤浴など
  • 手や顔のフェイスマッサージ
  • 首周りの保温

これらの対策をして「たるみ」を予防しましょう。

むくみはたるみを促進させ、さらにほうれい線を目立たせる原因にもなってしまいますよ!

冷たい水で顔を洗わないようにすることも、顔の冷えを予防することができますよ。

■■まとめ

目元・目の下のたるみ予防で最も大切なことは、保湿と紫外線対策です。

いくつか改善策をご紹介しましたが、全ては無理でも、いくつか組み合わせて実践してみるといいですよ!

エイジングケア商品を上手く使いこなし、バランスの良い食事や運動、身体の冷えを予防し、大切な肌をいつまでも美しくキープしていきましょうね。

この投稿はに公開されました。

女性を悩ませる目元・目の下のたるみの原因って一体何なの?

目の周りの印象は、その人の印象を左右するほど重要なものです。

人の視線は、目の周りに必ず集中する理由から、目の周りのケアに重点を置くことが若見えの秘訣なんですよ!

特に目の下や目元のたるみ、目袋やゴルゴラインなどがあると、顔の印象がぐっと老けてしまいます。

テレビで見かける女優さんや俳優さんが、一気に老けたな~と感じるのは、目の下の印象の変化であることが多いです。

いくら整った顔立ちをしていても、たるみのあるお肌は美肌とはいえませんし、年齢を強調してしまうんです。

そんな目元・目の下のたるみは早く解消したいですよね。

完全にすぐに消せなくても、せめて、すぐにメイクで隠せる程度までは改善したいものです。

実は、女性でお悩みの方が多い、目の下の黒クマの原因にも「たるみ」が関係しているんです。

そのため、黒クマの対策とたるみ対策は似た対応策になります。

もし、黒クマにもお悩みの方は、たるみと一緒に改善することができますよ!

美しい目元を手に入れるために、たるみの原因をしり、対策予防のためのエイジングケアを始めていくことが大切です。

  • 目元・目の下のたるみって化粧品で改善できる?
  • 美容医療でないと目元・目の下のたるみ改善は不可能?
  • 美容医療に替わるアイテムってないの?
  • どんな方法なら「たるみ」を完全に消せる?

などなど、
色んな疑問や興味が湧きますよね。

そんな疑問に当サイトではお答えしていきたいと思っています!

■■目の周りの皮膚は、他と違う?

目元・目の下のたるみの原因や改善方法を知る前に、目の周りの皮膚の特徴について知っておきましょう。

たるみは多くの女性が悩んでいる年齢サインであり、特に目の周りのたるみに関しては関心が寄せられています。

目の周りの皮膚の特徴として5つ挙げられます。

  • 皮膚が薄い
  • 刺激に弱い
  • 乾燥しやすい
  • 紫外線の影響を受けやすい
  • メイクなどで摩擦を受けやすい

これらのことが挙げられます。

他の部位に比べてとてもデリケートなことが解りますね。

また、目の周りの筋肉には「眼輪筋」という表情筋があり、まぶたを開閉する筋肉です。

これが衰えると、上まぶたがたるんで、目が小さく見えたり、年齢を重ねるにつれて二重が一重になってくることがあります。

眼球は、骨の窪み入っている眼窩脂肪にくるまれるようにして位置しています。

その眼窩脂肪は眼窩隔膜という薄い膜に包まれています。

年齢を重ねるにつれ、眼窩隔膜は肥大化する傾向にあります。

これらの眼輪筋・眼窩脂肪・眼窩隔膜が衰えることで目の下のたるみができるようになってしまいます。

早い時期から予防処置をしておかないと、年齢に伴って、「肌のたるむは確実」といっても過言ではないでしょう。

■■目の下がたるむ理由と原因

目の周りは、身体の皮膚の中で最も皮膚が薄く、たるみやすい場所というのはお解り頂けたかと思います。

特に目の大きい人や、目の下に脂肪の多い人はたるみやすい傾向にあるため予防策が必要です。

たるみの原因は、なんと!14つも考えられます!

  1. 真皮のハリと弾力の低下
  2. 加齢による筋力・表情筋(眼輪筋)の衰え
  3. 眼窩脂肪の突出
  4. 紫外線
  5. 乾燥
  6. 目の酷使
  7. 寝不足
  8. 誤ったクレンジング
  9. むくみや冷え
  10. コンタクトレンズ
  11. 刺激の強い化粧品
  12. 急激な減量
  13. 頭皮のたるみ
  14. 生活習慣

これらの原因があげられます。

それでは、詳しくこれらの原因を解説しますね。


①真皮のハリと弾力の低下

皮膚の真皮には、肌のハリや弾力をキープするためのコラーゲンやエラスチンなどの成分や、潤いをキープするためのヒアルロン酸やプロテオグリカンなどで構成されています。

年齢を重ねるにつれ、コラーゲンをはじめとする大切な「細胞外マトリクス」の量が激減してしまいます。

弾力を失うと皮膚を支えきれなくなり、目の下などに「たるみ」が生じます。

さらに、加齢により血液やリンパの流れが滞り、皮下組織の脂肪層が増加し「たるみ」が進行してしまうのです。

②加齢による筋力・表情筋(眼輪筋)の衰え

 

加齢により顔の筋力も衰えやすくなり、筋肉に支えられている皮膚は、その影響で下垂します。

眼輪筋も目の周りの皮膚を支えているため、支えきれなくなると、目袋やまぶたが下垂し、顔の印象を老化させてしまうのです。

③眼窩脂肪の突出

眼球の下には眼窩脂肪があり、この眼窩脂肪は年齢に伴って肥大化し皮膚から突出するケースがあります。

本来は、眼球を守るためのクッションの働きをしますが、この眼窩脂肪が重量で下に下がり、さらに突出することで目の下の目袋の大きな原因となります。

目の下になぜこんな膨らみが?と疑問に思っていた方も多いと思いますが、実は、下垂した脂肪なんです。

④紫外線

紫外線は肌のハリや潤いを保持するためのコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

特に目の下は皮膚が薄いので、紫外線を浴びてしまうとダメージが大きいです。

紫外線を浴びた真皮は、たるみを進行させてしまいます。

⑤乾燥

目元が乾燥することによって、ちりめんジワなどのお悩みの方も多いと思いますが、実はたるみを急速に加速する原因にもなります。

シワの予防する意味でも保湿をしっかりと行いましょう。

目の周りは皮膚が薄く、乾燥しやすい部位です。

普段から保湿を心がけるように注意しましょう。

⑥目の酷使

現代人はPCやスマホに触れている時間が長くなりつつあります。

同時に目を酷使している若者が急増しており、若い年齢層でも目の周りの筋肉が疲れがちになっています。

目の周りの筋肉が疲労すると、血行が悪くなり、たるみの原因にもなってしまいます。

 

⑦寝不足

睡眠不足になると、活性酸素が過剰に生成されたり、成長ホルモンの分泌が減少し、お肌のターンオーバーを乱してしまうことが考えられます。

さらにメラトニンやセロトニンの分泌も下げるため、肌の老化を促進し、表情からも笑顔を奪いかねません。

肌全体に悪い影響を与えるため、もちろん、たるみも加速させる原因になってしまうため、寝不足にならないことが大切です。

⑧誤ったクレンジング

目の周りの皮膚は薄いため、メイクの落とし残しがあったり、クレンジングや洗顔の際にゴシゴシと擦ったりすると肌のバリア機能を低下させる可能性があります。

また、刺激の強い洗顔料やクレンジング剤を使用することによって、メイクは落とせても肌に負荷をかけてしまうことも・・・

このような刺激によって、デリケートな目の周りの皮膚がたるんでしまうリスクがあります。

スクラブ洗顔や、ピーリングなども頻度を守り、正しく使用するようにしましょう。

⑨むくみや冷え

一見、なんの関係もないような冷えやむくみも、顔のたるみの原因になってしまいます。

塩分や水分の過剰摂取でむくみがちな人や冷え性の人は、むくみによる「たるみ」のリスクが高いです。

顔がむくみやすい人や普段から顔冷えが気になる人は、目の下のたるみの原因にもなりかねないので注意が必要です。

⑩コンタクトレンズ

コンタクトレンズに慣れていない人は、取り外しの際に目の周りの皮膚を引っ張ったりすることがありますよね。

皮膚に刺激を常に与えていると、たるみの原因になってしまいます。

コンタクトレンズに限らず、目を指でゴシゴシと擦ってしまう癖がある人は要注意です。

⑪刺激の強い化粧品

シミやクスミ予防のために、収れん化粧水や拭き取り化粧水を愛用されている方も多いと思います。

しかし、このような化粧品は刺激の強いものが多く、特に美白成分はメラニンを抑えるために刺激の強い成分が配合されていることが多いです。

他にも、合成着色料・香料・界面活性剤など肌にとって不必要なものが含まれている化粧品も数多く存在します。

このような成分は肌全体、および目の下のたるみの原因になったり、悪化させる可能性もあるため化粧品選びにも注意が必要です。

肌に必要のないものを一切排除した貼るだけの目元ケア商品が話題になっています。

ヒアルロン酸で作られたニードルが付いたシートを気になる部分に寝る前に貼り付けるだけ。

SNSや口コミで話題なので、チェックしておくといいですよ!

参考目元ケア商品:ヒアロディープパッチ

 

⑫急激な減量

急激に摂取量を減らし、ダイエットをすると、栄養不足が生じ、筋力が低下したるみの原因になってしまいます。

顔や目の下のたるみだけに関わらず、全身の筋肉に影響するため、キレイに痩せるという結果には結び付きません。

⑬頭皮のたるみ

頭皮は、顔の皮膚と一枚の皮膚で繋がっています。

そのため、頭皮にたるみが生じると、当然顔の皮膚にも影響します。

頭皮のたるみケアをすることで、おでこのシワも解消し、たるみにもなりにくくなります。

⑭生活習慣

たるみだけでなく、美肌を維持するためには生活習慣が大切です。

喫煙を控え、飲酒なども程よく摂取するようにし、生活習慣を整えることが大切です。

生活習慣を整えることで、ストレスを抱えにくくなり、活性酸素の生成を抑えることもできますよ!

 


目の周りのたるみの原因をご紹介しましたが、思った以上にたくさんあったのではないでしょうか?

たるみを改善・予防するためには、原因に着目して、継続して対策を実践していくことが大切です!

この投稿はに公開されました。