目元・目の下の「たるみ」の予防法とは?美魔女になるために

目元・目の下のたるみは、年齢に伴って進行するものですが、予防・対策をすることによって、遅らせることも可能です。

同世代の女性達の見た目年齢に差が出てくるのは、年齢サインが表れだす時期でもあります。

この予防・対策をしているかしていないかで、今後の自分がどのようになっていくか左右するといっても過言ではないでしょう。

特に、女性の「たるみ」はメイクでも隠しにくく、「老け」を強調させるサインでもあります。

いかに、「たるませないか」が、美魔女への近道です。

早い段階での予防を行っていきましょうね。

■■乾燥を予防して「たるみ」を予防する方法

保湿は「たるみ」の予防・改善のためだけでなく、美肌を維持するために欠かせません。

つまり、目元・目の下のたるみの予防は、乾燥肌を改善することとイコールということになります。

遺伝や年齢による乾燥もありますが、改善できる限りの予防は取り組んでいきましょう。

  • 女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 皮膚病(アトピーなど)
  • 誤ったスキンケア方法
  • 大気汚染
  • アレルギーによる乾燥
  • 良好でない生活習慣
  • 誤った洗顔・クレンジング法
  • 紫外線
  • 外気の乾燥

乾燥を予防して「たるみ」を改善するためには、これらを見直す必要があります。

■■目を労わることで「たるみ」を予防する方法

目を酷使すると、目の周りの筋肉が疲労し、血液循環が悪くなり、クマやたるみの原因になってしまいます。

パソコンやスマホはなるべく途中休憩をはさみながら使用するように心がけましょう。

寝る前に、ホットアイマスクやホットタオルなどは、目の周りの筋肉を緩ませることができます。

寝る前の数時間前は、なるべくスマホやパソコンなどのブルーライトを浴びないようにすると、質の良い睡眠をとることもできますよ。


▶紫外線対策をして「たるみ」を予防する方法

 

紫外線は、夏だけでなく冬の間も受けるダメージは同じです。

そのため、冬の紫外線対策も怠ってはいけません。

季節は関係なく、日焼け止め・防止・日傘・サングラスなどで紫外線対策を行いましょう。

紫外線対策することで、肌のたるみを予防することができますよ!

▶肌をたるませない正しい洗顔とクレンジング方法

洗顔やクレンジングで注意するべきポイントは汚れをしっかりと落としきることです。

清潔な状態の肌は、酸化を防ぐことができ、たるみなどの肌トラブルも招きにくくなります。

毛穴の汚れまでしっかり落とせるクレンジングや洗顔料を選ぶことが大切です。

ただし、汚れを落とすためにゴシゴシと強く擦ったりすると、特に目の周りの薄い皮膚の部分はたるみやすくなってしまいます。

優しく丁寧なクレンジング・洗顔・拭き取りを心がけましょう。

さらに、クレンジング・洗顔後は、しっかりと保湿して、乾燥から肌を守りましょう。

▶「たるみ」予防のためのエイジング化粧品とアイメイク

目元のたるみをはじめ、年齢サインが気になる方は、抗酸化成分が配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。

  • 保湿力の高い成分が高濃度高配合なもの
  • ハリ・ツヤ・弾力をサポートする成分が配合
  • 抗酸化作用のある成分が配合

これらの点に注意して化粧品を選びましょう。

保湿力の高い成分として、次の成分に注目しておくと良いでしょう。

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • レシチン
  • ステアリアン酸コレステロール

また、毎日のスキンケアに使用するものだけでなく、お手入れの方法やメイクの方法にも気を遣う必要があります。

アイメイクのツケマやアイプチなどは、休日はなるべく避け、目の周りの負担を軽減してあげるといいですよ!

少しお休み期間を設けてあげるだけで、目の周りのたるみの予防に繋がります。

▶美しくなるための日常生活で「たるみ」予防

一番見過ごしがちなのが生活習慣ですが、実は美しい肌を手に入れるためには日常生活の過ごし方がとても重要です。

たんぱく質・ビタミン類・ミネラルなど、バランスよく摂取することが大切です。

栄養が不足すると肌のたるみへ繋がります。

バランスよく摂取することが難しい人は、サプリを摂取することも大切です。

栄養のために何を摂取したらいいのか解らない!という方は、7色の食べ物から5色以上を毎日食べることを意識してみるといいですよ!

7色(赤・黄・緑・白・紫・黒・茶)の食べ物

赤⇒ ニンジン・リンゴ・エビ
黄⇒ バナナ・オレンジ・レモン
緑⇒ アスパラ・ニラ・ピーマン
白⇒ 玉ねぎ・大根・長いも
紫⇒ ブルーベリー・ざくろ・小豆
黒⇒ プルーン・ワカメ・ゴマ
茶⇒ しいたけ・ごぼう・アーモンド

▶むくみ対策で「たるみ」を撃退する方法

むくみは「たるみ」の原因になってしまうため、運動不足な方や身体の冷えを感じやすい方は要注意です。

  • 適度な運動
  • 体を温める食事
  • サウナ・ホットヨガ・岩盤浴など
  • 手や顔のフェイスマッサージ
  • 首周りの保温

これらの対策をして「たるみ」を予防しましょう。

むくみはたるみを促進させ、さらにほうれい線を目立たせる原因にもなってしまいますよ!

冷たい水で顔を洗わないようにすることも、顔の冷えを予防することができますよ。

■■まとめ

目元・目の下のたるみ予防で最も大切なことは、保湿と紫外線対策です。

いくつか改善策をご紹介しましたが、全ては無理でも、いくつか組み合わせて実践してみるといいですよ!

エイジングケア商品を上手く使いこなし、バランスの良い食事や運動、身体の冷えを予防し、大切な肌をいつまでも美しくキープしていきましょうね。